本文へ移動

SEA-PARAの行事予定・活動実績

SEA-PARAの行事予定

令和4年度に実施または予定している主な業務

1. 磯焼け・藻場回復対策等の事業への取り組み

 漁場造成上重要かつ漁業者から要望が強い「磯焼け対策・藻場回復」に関して、これまで以上に、一般社団法人長崎県漁場整備開発協会(以下「漁場整備開発協会」)をはじめ関係機関・団体、関係者と連携して取り組んでいくとともに、県等の磯焼け・藻場回復対策について、関係する市町・漁協・漁業者等と協力した取り組みを行います。
県の公募事業(藻場回復新技術導入実践事業)関係
 2m角型魚礁ユニットによる核藻場漁場(平成27~28年度設置)について、検証及び改善対策など必要な対応(検証は毎年実施)を行っており、本年は7月27日に現地調査(潜水など)を行ってきました。
藻場にかかる関係者間での情報交換会について
 昨年まで、関係機関・団体で構成する 藻場回復WG会議において、藻場回復のための課題や対策(事業・取組等)について、意見交換をし、必要な対策等を関係機関等に提言いたしました。
(構成:県水産部・水試、西海区水研、水産土木センター長崎支所、当法人・当協会)
 本年からは、フリーに情報や意見交換ができる場として、「藻場にかかる情報交換会」(構成はWG会議と基本的に同じ)を開催しています。
 今年の第1回は、先日の7月11日に開催し、今年の県内の春の藻場の状況や今後の取組などについてろ、情報・意見交換を行いました。次回は秋の開催を予定しています。
その他関係
  1. 磯焼けの状況・藻場回復対策にかかわる漁協や活動団体への聞き取り・意見交換
    ・主要漁協について聞取り済み、活動団体については今後聞取りなど行う予定
  2. 磯焼け対策全国協議会など各種会議への参加など

2. 関係機関への要望活動

 漁場整備事業(藻場回復含む)の円滑な推進と今後の事業予算確保等のため、当法人と漁場整備開発協会連名で、水産庁や長崎県等に要望、意見交換を毎年実施しています。
・水産庁:7月29日実施
・長崎県には11月7日実施予定、自民党県連には12月実施予定

3. 藻場回復対策等に関する技術の研究や技術研修会の開催

 会員や漁協、県、市町、関係団体等を対象にした技術研修会の開催などを実施予定です。
・技術研修会:8/31開催で準備中

4. SDGsの取り組み

 本年度からSDGsの各種取組を行うこととしており、本年(令和4年)3/31に長崎県SDGs制度で登録を受けました。
 藻場の回復や海洋ごみ(特に海洋プラスチックごみ)などに取り組んでいくこととしています。
 藻場の回復に関しては、本年(令和4年) 4~6月にかけて、県南地区と県北地区の一部(計112箇所)地先(潮間帯)の現場を見て廻りました。
 海洋ごみに関しては、本年(令和4年) 1~3月にかけて、県南地区(計63箇所)の海岸を見て廻りました。
 今後も、現場確認や関係者との情報・意見交換などを通じて、海の環境改善に取り組んでいきます。
TOPへ戻る