本文へ移動

活動内容

活動内容

2m角型魚礁による藻場礁の開発(特許出願中)

平成26年度の県の公募事業「藻場回復新技術導入実践事業」に対して、2m角型魚礁を活用した藻場礁を開発して応募しました。
その結果、平成26年12月に県に採択されるとともに、平成27年度「国のパイロット事業」として採用されることになりました。
本藻場礁は、自然に近い藻場を広範囲に造成することが可能であり、平成27年2月16日に特許出願しました。
2m角型魚礁:4個×4個の例
2m角型魚礁:4個×4個の例
2m角型魚礁:3個×3個の例
2m角型魚礁:3個×3個の例

技術開発

2m角型魚礁改良型

2m角型魚礁改良型
2m角型魚礁改良型
2m角型魚礁改良型沈設状況
2m角型魚礁改良型沈設状況

木材を活用した増殖礁実証事業

平成22年度~平成26年度まで、対馬地域で産出される木材を活用した増殖礁を開発し、実証事業を実施しました。(水産庁補助事業)
平成26年度に行った一般社団法人水産土木建設技術センター長崎支所による効果調査、総合評価の結果、当木材礁に多くの魚類の蝟集が確認されたうえ、早期に餌料性動物の発生効果があるなど、魚礁としての有効性が認められました。
4m角型魚礁に木材を活用した増殖礁
4m角型魚礁に木材を活用した増殖礁
木材を活用した増殖礁の沈設状況
木材を活用した増殖礁の沈設状況

2m角型・4m角型魚礁の乱積み魚礁の漁場造成

2m角型魚礁及び4m角型魚礁の模型による乱積み実験を行い、魚礁の形状、容積、高さ等の算定を行いました。
また、構造計算を行い、2m・4m角型魚礁乱積み方式の漁場造成が可能であることを確認いたしました。(実験結果を平成24年7月に県へ提出)
その後、「2m角型魚礁乱積み」が県営事業として採択されました。
本事業について、一般社団法人水産土木建設技術センター長崎支所による効果調査の結果、「2m角型魚礁乱積み」が魚礁としての集魚機能が高い水準で良好に発揮されていることが確認されました。

2m角型魚礁の乱積み(300個)

2m角型魚礁の乱積み(300個)
2m角型魚礁の乱積み(300個)

4m角型魚礁の乱積み(80個)

4m角型魚礁の乱積み(80個)
4m角型魚礁の乱積み(80個)

特許

人工魚礁

人工魚礁
特許第4247238号 平成21年1月16日取得

特許人工魚礁の斜視図及び分解斜視図

特許人工魚礁の斜視図及び分解斜視図
TOPへ戻る