本文へ移動

行事予定・活動実績

行事予定

技術研修会

目的・趣旨
 漁場整備に係る様々な施策及び関連する技術の研修及び交流を通じて、参加者の技術の研鑽や向上を目的とし、技術研修会を開催する。
 この研修を通じて、関係者の漁場整備工事技術の向上を図り、水産資源や漁場生産の維持・増大を目指す漁場整備事業の推進に貢献するものとする。
令和4年度漁場整備事業に係る技術研修会概要(予定)
  
(一社)長崎県漁場整備開発協会と特定非営利活動法人NAGASAKI SEA-PARA NET共催により開催
開催日時:令和4年8月31日 13:30~17:00 (予定どおり開催いたします)
開催場所:サンプリエール(長崎市) 
 
研修内容
 
  • 国の新たな漁港漁場整備長期計画について
   水産庁漁港漁場整備部  整備課長  中村 隆
    
  • 藻場の回復について  
 
 ①今年の春の藻場の状況及び藻場回復に対する浜の声について
   特定非営利活動法人NAGASAKI  SEA-PARA  NET 理事長 田添 伸
 
 ②磯焼け対策の成功例と失敗例から見える今後の課題について
   (一社)磯根研究所 代表理事 吉村 拓
  
         質疑応答・意見交換
 
  • 【工事の留意点等】
 漁場整備工事施工上の留意点及び工事検査等について
   長崎県漁港漁場課
   漁場・環境整備班 係長     田坂 大輔
 
  •  【工事関係事例発表】
 五島地区大型魚礁設置工事 新魚目曽根崎北西工区
   ㈱坂本組 工事部課長補佐    川上 和寛          
   
         質疑応答・意見交換 (工事留意点、事例発表)
 
※1  昨年の参加者と研修会の様子
 研修会の出席者は合計115名で、会場出席者99名(内訳:会員53名、県市町11名、漁協20名、その他15名)、オンライン参加者は16名(全員会員)でした。

       

※2 技術研修会の参加は、会員及び、県・市町・漁協並びに関係機関・関係団体等に限らせていただいています。

過去の技術研修会開催実績

令和3年度

(2022-05-16 ・ 405KB)

令和2年度

(2022-05-16 ・ 264KB)

平成31年度(令和元年度)

(2022-05-16 ・ 237KB)

平成30年度

(2022-05-16 ・ 216KB)

平成29年度

(2022-05-16 ・ 206KB)

平成28年度

(2022-05-16 ・ 192KB)

平成27年度

(2022-05-16 ・ 168KB)

平成26年度

(2022-05-16 ・ 161KB)

TOPへ戻る